RPAコラムー第1回 「RPA」とは?

①RPAとは?

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、
これまで人が行っていたパソコン上の業務を、
ソフトウェア型のロボットが代行し自動化する取り組みのことです。

広義でのRPAとは、ロボットによる業務の自動化の取り組み全般を指し、
狭義でのRPAは、ソフトウェアロボット(RPAツール)を指します。

また、業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボット自体は、
「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」と呼ばれます。

ここでいう「ロボット」とは、産業用等で使われる様な物体として存在するものではなく、
実体のないパソコン上のソフトウェアを指します。

RPAは、あらかじめ人が行う業務の手順や操作を登録することで、
人の作業と同じ様に業務代行することができます。

RPAによって業務を自動化することをRPA化といいます。

②RPAツールの種類

RPAツールには、大きく分けて3つの種類があります。

    • デスクトップ型
      デスクトップ型は、クライアント型とも呼ばれ、デスクトップPC内でのみ稼働し、
      基本的に作業範囲は導入されているPC内に限定されます。
      PC1台単位で導入できるため、小規模でRPAを導入することができます。
      比較的安価での導入が可能な反面、作業者が属人化してしまったり、
      社内で十分に浸透できない可能性もあります。

 

    • サーバー型
      サーバー型は、ロボットがサーバー上で稼働し、業務を横断的に管理し、自動化することが可能です。
      大量のデータを一括で管理することができ、社内で大規模展開も可能です。
      反面、クライアント型に比べ費用も高いため、より計画的な導入が必要となります。

 

    • クラウド型
      クラウド型は、インターネットのクラウド環境上にソフトウェアロボットを導入し、
      webブラウザ上で自動化を行います。
      一般的なRPAに比べ費用を大きく抑えられるため、スモールスタートに最適な反面、
      作業できる範囲がwebブラウザ上に限られるため、自動化したい業務とよく相談する必要があります。

 

次コラムでは、RPAの得手不得手についてお伝えします。

カテゴリ一覧

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。