RPAコラムー第7回 システムとの違い

業務を自動化させるツールとして、業務システムとRPAが比較される場合があります。

本コラムでは、RPAと業務システムとの違いを掲載していきます。

コスト

大きな違いとして、コスト面が挙げられます。

従来のシステム開発では、改善に必要なシステムをプログラミングで作成していきます。
業務によっては、手順を一から作成する必要があり、完成までに膨大な費用がかかることもあり、
いわゆるルーチンワークの自動化を行うには適していないといえます。

RPAは、比較的安価で導入できるだけでなく、複数のロボットをツール1台で稼働させることも可能です。
また、人が行っていた業務フローのまま自動化を行うことが可能なので、
開発にかかる時間も抑えられ、非常に安価で自動化することができます。

汎用性

RPAの利点として、汎用性が挙げられます。

RPAはツールが1台あれば、複数のロボットを稼働できるため、
自動化したい業務に合わせて柔軟に作成することが可能です。
一方、システム開発は基本的に大掛かりな開発になるため、
様々な業務に合わせて作成することには適していません。

運用

システム開発は、作成されてから実運用が可能です。

しかし、RPAは止まりやすいツールなので、作成後、実環境への最適化が必要になります。
システム開発と同じ感覚で作成し、実運用してしまうと、
思わぬところで止まってしまい業務が滞ってしまう、という可能性があります。

まとめ

RPAは、従来のシステムと異なり、比較的安価に短期間での作成が可能です。

いままでシステム化を断念してきた業務にこそ、RPAでの自動化を検討する価値が大きいといえます。

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop