RPAコラムー第4回 AIとは何が違うの?

AIとは

AIとは、「Artificial Intelligence」の略で、人工知能のことを指します。
AIは自己学習機能を持つシステムなので、
データベースに蓄積された情報をもとに繰り返し学習することで識別能力が発達します。
データベースの情報を生かして、その都度システムが自律的に考え、判断することが可能です。
したがって、複雑な処理に対しても対応し、業務の効率化をすることが可能です。

RPAとAIの違い

どちらも、業務の自動化を行うシステムという点では同じです。
大きな違いは「自己判断の有無」にあります。
RPAは基本的にあらかじめ設定された業務内容に従い、設定された手順に沿って業務を行います。
自ら勉強することはなく、イレギュラー対応や仕様変更など、
人間の判断が必要な状況には対応していません。

一方、AIは大量のデータから状況を判断することができるので、
RPAでは対応できない例外状況に対しても、自ら考えて対応することが可能です。
ただ、高度なAIには自己判断のための十分なデータの収集や、費用を準備する必要があります。
単純な業務の自動化を行う上では、RPAの方が比較的導入がしやすいため、適しているといえます。

RPAとAIの連携

RPAを用いることで、AIが自己判断を行うのに必要なデータを大量に収集することが可能です。
また、AIで複雑な判断を解決し、それ以外の単純作業をRPAに自動化させることで、
本来RPAだけでは自動化できなかったような業務の自動化も可能になります。

カテゴリ一覧

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop