RPAコラムー第8回 RPAの導入効果

RPAは、業務の大幅な効率化が期待され、注目を集めています。
RPAの導入による自動化はどのような効果がみられるのでしょうか。

本コラムでは、3点のメリットについてご紹介します。

RPA導入のメリット

  • コストの削減 RPAの導入、運用にかかる費用は、従業員一人にかかる費用の1/3程度といわれています。 作業速度も非常に早く、月100時間以上、 年間1000時間以上の業務時間削減に成功した例もあるほどです。また、RPAは自動稼働も可能です。普段従業員がいない夜の時間や、 休日もフルタイムで稼働させることが可能なので、 定型作業のための残業などの支出も抑えることが可能です。
  • 品質の向上 人間が長時間作業を行う場合、疲れによる集中力の低下や不慣れなためのミスなど、 ヒューマンエラーによるリスクが伴います。作業効率、品質の低下だけでなく、 お客様に迷惑をかけてしまうなど、思わぬ問題に発展しかねません。それに対し、RPAは手順に従い作業を繰り返すだけなので、人為的なミスとは無縁です。 RPAによる業務自動化は、作業の精度向上にも直結します。
  • 売り上げの向上 RPAなら、品質を維持したまま休まずに業務を行うため、大幅な作業時間の削減が期待できます。 RPAに代行させることで、人間にしかできない業務に集中することができます。

まとめ

RPAを活用することによって、業務効率を最大限まで引き出すことが可能です。 その導入をに失敗しないためにも、RPAの特徴の理解、RPAに任せる業務の選定はもちろん、 RPAを運用していく社内体制を確立していくことが重要です。

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。