ECコラムー第1回 
「EC構築を成功に導くポイント」(1/3)

今回よりECに関する内容をコラムでご紹介していきます。
ECコラムでは我々の業界経験や実績などを踏まえて、皆様のお役に立つ情報をご紹介していく予定です。

まずは「EC構築を成功に導くポイント」について解説してまいります。

EC構築を成功に導くポイント

今やリテールビジネスでは必要不可欠である「ECサイト」。
すでに自社ECの出店や、各モールへの出店をしている企業も多いはず。
そんなECサイトについてこれから新規出店や、リニューアルをご検討されている方に
「EC構築を成功に導くポイント」を全3章に分けてご紹介してまいります。

こちらは、日本システム開発株式会社が独自で行ったアンケートの結果です。
ご覧いただくと一目瞭然、半数以上の方が3つの回答をされています。

  • 正式見積が概算見積を大きく上回り、予算超過してしまう
  • パッケージ仕様に合わせる前提となり、ユーザー要求を聞き入れない
  • 保守費用で実施される作業内容が曖昧

皆様も心当たりがあるのではないでしょうか。
本コラムではこの3つの事象について詳しく解説していきます。

正式見積が概算見積を大きく上回り、予算超過してしまう

まずは、概算見積よりも正式見積が大幅に増えてしまいトラブルへと発展するケースです。
概算見積時にふたつの原因があります。

ひとつめは十分な検討を行わず、PKG標準機能で満たされるだろう、という安易な判断をしている
ふたつめはRFPを読み落とし、本来必要な開発を漏らしてしまう

このふたつが要件定義を行った結果、パッケージ標準機能では実現ができないことが明確になり、カスタマイズ費用が膨らむ。
またRFPの読み落としが発覚し開発費用が膨らむ。
結果、正式見積では概算見積とはかけ離れた費用となります。

「概算見積の金額はなんだったんだ。。」
「予算をオーバーしてしまう。再度社内稟議を通すのは難しい。。」

こんな気持ちになってしまいますね。

ではどうすれば概算見積と正式見積の費用について乖離しないか。
答えは最終章にてお伝えいたします。

次回は、「パッケージ仕様に合わせる前提となり、ユーザー要求を聞き入れない」ケースを紹介します。

カテゴリ一覧

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。