AIコラムー第2回 DeepStreamSDKの環境構築とサンプルアプリケーションの実行(2/3)

前回は、DeepStreamSDKの紹介をさせて頂きました。
今回は、Jetson Nanoを用いて、実際に環境構築及び、サンプルアプリケーションを動かしてみようと思います。
尚、以下はJetson Nanoの環境をSDカードイメージ(Jetpack 4.3)で作成した場合の手順になります。
NVIDIA SDK Managerを使用している場合は、ADDITIONAL SDKSのDeepStreamにチェックを入れることで
インストールすることが出来ます。但し、NVIDIA SDK Managerで入れ忘れたという方も以下の手順で可能です。

環境構築

実環境にインストールする方法とDockerを使う方法の2パターン紹介します。

  • 1. 実環境にインストールして環境構築する
    手順1. まずは必要なパッケージをインストールします。

    $ sudo apt install ¥
      libssl1.0.0 ¥
      libgstreamer1.0-0 ¥
      gstreamer1.0-tools ¥
      gstreamer1.0-plugins-good ¥
      gstreamer1.0-plugins-bad ¥
      gstreamer1.0-plugins-ugly ¥
      gstreamer1.0-libav ¥
      libgstrtspserver-1.0-0 ¥
      libjansson4=2.11-1
    $ sudo apt install librdkafka1=0.11.3-1build1

    手順2. DeepStreamSDKの公式ページからdebianパッケージをダウンロードし、以下の通り、インストールします。

    https://developer.nvidia.com/deepstream-download

    $ sudo apt install ./deepstream-4.0_4.0.2-1_arm64.deb
  • 2. Dockerを使って環境構築する
    DeepStreamSDKの環境が整ったDockerイメージが用意されているため、こちらを利用する方法もあります。

    https://ngc.nvidia.com/catalog/containers/nvidia:deepstream-l4t

    手順1. まずはDockerイメージをNGC(NVIDIA GPU CLOUD)からpullします。

    $ sudo docker pull nvcr.io/nvidia/deepstream-l4t:4.0.2-19.12-samples

    手順2. Dockerイメージがpull出来たら、起動させます。
    コンテナから画面を表示させたいので、ホストのXサーバーにアクセスできるように権限を付与(xhost +)し、
    ディスプレイ番号(環境変数DISPLAY)とUNIXドメインソケット(/tmp/.X11-unix)を
    ホストとコンテナで共有させることで対応します。

    $ xhost +
    $ sudo docker run -it –rm –net=host –runtime nvidia -e DISPLAY=$DISPLAY -v /tmp/.X11-unix/:/tmp/.X11-unix nvcr.io/nvidia/deepstream-l4t:4.0.2-19.12-samples

    サンプルアプリケーションの実行

    ここまででDeepStreamSDKを動かす準備は出来ましたので、実際にサンプルアプリケーションを実行してみましょう。
    手順1. 最大限のパフォーマンスを出すために、クロックを最大にします。
    ※DeepSteramSDKのドキュメント等で公表されている数値は、クロック最大時の値になっています。

    $ sudo nvpmodel -m 0
    $ sudo jetson_clocks

    手順2. サンプルアプリケーション(deepstream-app)を実行します。
    実環境にインストールした場合は以下を実施します。

    $ cd /opt/nvidia/deepstream/deepstream-4.0

    Dockerコンテナの場合は以下を実施します。

    $ cd ~/deepstream_sdk_v4.0.2_jetson
    $ deepstream-app –c samples/configs/samples/configs/deepstream-app/source8_1080p_dec_infer-resnet_tracker_tiled_display_fp16_nano.txt



    ※ここで紹介するにあたり、動画を差し替えています。実際は同梱されているサンプル動画でアプリケーションが起動します。

    最後まで御覧頂き、ありがとうございました。

    次回はコンフィグファイルを編集して少しカスタマイズしてみたいと思います。

カテゴリ一覧

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。