通販サイトコラム 第4回 「通販サイト運営の働き方の見直しについて」1/2

近年、政府の働き方改革の推進により、労働生産性の向上や長時間労働抑止は企業にとって重要な課題となってきました。
また、新型コロナウイルス感染拡大の影響でテレワークも急激に増加する中で、
社員がどこにいても効率よく業務を遂行できる環境づくりが求められてきております。
大企業様を中心に働き方に関して対策が求められているのです。

通販サイトの現場では、店舗の販売とは異なり、オンラインでの販売となるため、24時間365日いつでも動きます。

まだ、あまり浸透はされておりませんが、そんな中でも通販サイトの業務でも業務の見直しをして、
働き方を変えていく動きが徐々に浸透しつつあります。

では、そもそも通販サイトの運営に必要な業務とはどういうものがあるのでしょうか。

通販サイト運営に必要な業務(例)

業務作業内容
商品マスタ管理・撮影・文章作成商品を登録し通販サイトに掲載 商品写真の撮影、販促分のコピーライティング作業
サイトデザイン・機能カスタマイズWeb特有の記述(HTMLやCSS)を使ったデザインカスタマイズや、簡単なプログラミング作業
受注管理・入金確認・顧客対応受注を管理し、購入者からの入金確認および問合せや要望にメールや電話で対応
在庫管理・検品・発送在庫を倉庫などで管理し、受注に対する検品・梱包・発送を行対応
売上管理・発送管理売上計画と進捗管理 商品の発行計画を立て、仕入れ作業を実施
顧客管理顧客台帳や会員機能を管理し、メルマガの配信を実施
アクセス解析アクセス解析とユーザ分析を行い売上計画や集客・販促の施策に反映
集客・販促プロモーション集客や販促に効果的な施策を検討し、実行
ブログ更新・SNSブログ記事の更新やSNSを投稿し、商品の紹介や使い方などを発信
経理・帳簿作成経費の管理や帳簿作成業務

上記の中には実際に内容を考えたりする業務もございますが、基本的にはルーチン業務が多岐にわたります。
特に時間がかかるのは、受発注業務、在庫管理、商品の登録業務などに時間がとられてしまうことが多いです。

企業の規模感によっては、専任者をおいたり、兼務したりしますが、時間がかかってしまいます。
「他の業務に時間を与えられない日々を重ねてしまい売上アップにつながる施策や店舗を拡大していきたいが、
業務時間に限界を感じたり、中には専任の人に任せすぎて引き継ぎが難しくなってしまった」
そういったことはございませんか?

そこで日本システム開発株式会社のサービスのECロボを導入することで、
お客様の日々のルーチン業務の負荷を軽減することができます。
PCをECロボ用に1台用意してもらい、実行ボタンをクリックするだけで自動で動かすことができてしまいます。


今まで日次作業で、1日中かけていた通販サイトの業務を
ECロボを導入することで4時間削減し、年間1,040時間の削減に成功しました。
他にも成功事例はまだまだございます。

ECロボには他にも実績がございます。次回はECロボの実績について、実際の業務に沿ってご説明したいと思います。

ECロボの特設ページはこちら

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。