RPAコラムー第23回 Power Automate Desktop(Power Automate for desktop)とは?(2/6)

前回はPower Automate Desktop(Power Automate for desktop)について紹介しました。 
今回のコラムでは、無料版を導入する手順について紹介します。

インストール手順

インストーラーをダウンロード

まずは、公式サイトよりインストーラーをダウンロードしましょう。
公式サイトのURLはこちらになります。
https://flow.microsoft.com/ja-jp/desktop/

クリック後、すぐにインストーラーがダウンロードされます。

現在はページ下部にダウンロードフォームが移動しているようです。

アプリケーションのインストール

インストーラーをダウンロードしたらさっそく開き、使用条件に同意しインストールをクリック。
インストールが開始されます。

インストール後、デスクトップにショートカットが作成されます(作成されない場合、すべてのプログラムから検索可能です)。

以上で、インストールは完了です。

特別な準備もなく文字通りすぐにRPAの機能をお試しいただけます。

使用する際は、サインインが必要です。

導入ガイド動画

動作環境

Microsoft公式によると、Power Automate Desktop(Power Automate for desktop)の推奨動作環境は以下の様に規定されています。

■OS

Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Server 2016、Windows Server 2019

■最小構成ハードウェア

保存容量:1GB、RAM:2GB

■推奨構成ハードウェア

保存容量:2GB、RAM:4GB

■必要アドオン

.NET Framework 4.7.2

(Windows 10  April 2018 Update version 1803以降標準搭載)

■サポートブラウザ

Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox、Internet Explorer

まとめ

Power Automate Desktop(Power Automate for desktop)は、導入までの手順も簡単ですぐにご利用いただけるツールとなっています。

次回は、実際に業務ロボットを一つ作ってみたいと思います。

NSKのPower Automate Desktop(Power Automate for desktop)に対するサポート

日本システム開発株式会社では、Power Automate Desktop(Power Automate for desktop)に関してもサービスを提供してまいります。 ロボットの作成から導入に関する相談、保守サポート等についても承っておりますので、ご気軽にご連絡ください。

また、Power Automate Desktop(Power Automate for desktop)に関するオンラインセミナーを随時開催しています。
興味がございましたらご参加ください。

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。