車載システム

車載システム開発の取り組み

現在の自動車に搭載されているECUは、
今やエンジン制御だけでなくアクセルやブレーキ、
その他にも安全制御やマルチメディア制御など、
各電子制御の相互制御を行うようになっています。
そのため、自動車の組み込みシステムでは、一部の制御にバグがあり、
誤った動きをすることで人命に直結する危険があります。
当社でも、2003年より車載ソフト開発事業に取り組み、
現在は車載ECUソフトウェア開発を中心に、車載システムの開発を取り組んでおります。
コックピットHMI、エンジン、ボディ、車載通信モジュール、走行安全などの
ECU(Engine Control Unit)開発において、要件定義、開発、テスト・評価の
各工程において豊富な実績があります。
また、先に挙げたように車載システムの開発は人命に直結するため、
品質や安全性に対して真摯に取り組んでいます。

ECUのソフトウェア開発・評価

UML、USDMを活用し、ソフトウェア・エンジニアリング・プロセスの要求分析から、機能テストの実施までの
新規開発/派生開発を一括で請け負います。

主な開発実績

車載向けソフトウェア開発層
アプリケーション開発 / ミドルウェア開発 / デバイスドライバ開発

ECU
コックピットHMI、車載通信モジュール、V2X、エンジン、走行安全
ボディ、ナビ(マルチメディア系、高度道路交通情報通信システム系)
対応コア:
 FR81S、ルネサスRXシリーズ
 OEM向けカスタムマイコンnVIDIA Tegra3……………………………..

技術キーワード
センサー制御、モデム制御、SATA制御、車載通信制御、
オーディオマイコン制御、オーディオH/U、CAN通信、
DSRC通信、HTTP通信、Bluetooth、HMI開発(Android)、など….

開発環境
言語:C、C++、Java
OS:Linux、T-Kernel、Android、iTRON、QNX、Non-OS
ツール:カバレッジマスター winAMS、MATLAB/Symlink………..