「車両ナンバープレート検知 関東版」は、
車両のナンバープレートをAIが自動で検知し、 高速でデータ処理を行うアプリケーションです。

車両ナンバープレート検知 関東版とは

『車両ナンバープレート検知 関東版』は、車両のナンバープレートをリアルタイムで認識する映像解析システムです。
カメラで撮影した車両のナンバープレートをリアルタイムで認識し、検知情報をWebアプリでお知らせします。
例えば、工事現場や駐車場などの車両の入退場の際にナンバープレートを認識することで車両の管理や調査が可能になります。

※ 関東地方:1都6県(東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,群馬県,栃木県,茨城県)

アプリの機能について

ナンバープレート全体が
認識可能

地域名(関東地方のみ)、分類番号(数字3桁のみ)、判別文字、一連指定番号が認識可能です。

認識したナンバープレートの
検知情報をWebアプリに反映

車両のナンバープレートをカメラが認識し始めてからカメラの画面外に車両が出る、または一定時間(※1)経過することで、認識したナンバープレートの検知情報をWebアプリに反映します。

(※1 一定時間:1秒~24時間の間で指定可能)

CSV形式でエクスポート
することも可能

Webブラウザで検知情報を閲覧できます。また、ユーザーが指定した条件によってナンバープレートの検知情報を絞り込むことやCSV形式でエクスポートすることも可能です。

導入メリット

メリット1:コストが削減される

車両が出入りする度にチェックをしていた時間や管理する人員を配置する必要がなくなり、コストの削減に繋がります。

メリット2:管理が楽になる

車両の入出庫記録は自動的に電子記録としてデータベースに残るため、管理がとても楽になります。

リアルタイムで認識可能!(入退情報がすぐに反映)

低価格エッジデバイスで動作可能!

GPUを使ったアクセラレーションに対応しており、高速に動作可能!

デモ動画

▼製品の詳細はこちら▼

(『EDGEMATRIXサービス』ストアの『車両ナンバープレート検知 関東版』の製品ページに飛びます)

その他のAIアプリケーション

画像解析AIアプリ
『人数カウントBODY』

カメラ映像の中でユーザーが指定した領域内に入っている人数をAIで認識しカウントします。ウェブブラウザで現在の状況把握やカウントした人数の1日の推移が確認できます。

『EDGEMATRIXサービス』ストアはこちら

AIコラム

日本システム開発株式会社では、AIに関するコラムを随時更新しております。

技術的なお問い合わせはこちら

東京本社

 組込み営業担当まで

【受付時間】9:00~18:00

製品の購入に関するお問い合わせはこちら

※『EDGEMATRIXサービス』ストアの『車両ナンバープレート検知 関東版』の製品ページに飛びます

pagetop