テクニカルサポート

テクニカルサポートサービスとは

Android/Linux開発の領域において、お客様へ技術に対する情報を提供するサービスです。お客様が開発において必要な技術をお持ちでない時、NSKが開発をサポートします。(NSKではモノを作らず、技術情報のみ提供します)

 

~サポート内容~

開発前のサポート

  • 開発の実現方法に対する疑問点の解消(Q&A)
  • 状況により実現方式を示したプロトタイプ作成
  • 技術者教育

設計時のサポート

  • 設計支援(設計アドバイス、設計レビュー)
  • 開発中に発生する疑問点解消(Q&A)

実装時のサポート

  • 技術支援(実装アドバイス、ソースコードレビュー)
  • 開発中に発生する疑問点解消(Q&A)

テクニカルサポートサービスの流れ

テクニカルサポートサービスは以下のような流れで行います。
Step1:ご契約前にお客様と打ち合わせを行います。
Step2:お客様の求めるサービスをどのように提供するか決定します。
Step3:テクニカルサポートサービスを開始します。

テクニカルサポートサービスの利点

テクニカルサポートサービスはお客様の開発現場ではなく、NSKの社内にてサポートを実施します。

Q.スペシャリストがNSKの社内で作業するより、お客様の開発現場に常駐した方が効果的では?

テクニカルサポートサービスの対応工数は予め契約時に決めて頂きます。
しかし想定した業務状況が契約前後で異なる場合、工数が余ることも考えられます。

Q.契約時間を使いきれなかった場合、残りの契約時間は無駄になってしまうのか?

想定した業務状況が契約前後で異なる場合、対応工数が余ることも考えられます。
そのため残対応工数を、以下の条件に当てはまる際に、翌月まで繰り越せます。

Q.残対応工数を繰り越せる場合は、どのような条件の時に繰り越せるのでしょうか?
A.繰り越せる条件は、以下の2つの条件を満たした場合に、繰り越すことが可能です。
条件1:テクニカルサポート契約期間を、2か月以上の複数月にて契約をしている
条件2:テクニカルサポート契約時間は、41h/月以上の契約をしている

Q.繰り越せる対応時間はどのくらいですか?
A.繰り越し対応時間は、残対応工数のうち、最大契約時間の1/3以下、もしくは最大40h以下のどちらか少ない時間を、翌月まで繰り越せます。
上記の最大繰り越し時間を超える時間が残ってしまった場合、上記時間以外の時間は消化致します。

ご興味を持たれましたら、まずはご相談ください。
ここで紹介した内容はサービスの概要となっています。より詳細な内容や条件を説明させて頂きます。

お問い合わせはこちら