帳票OCR

日本システム開発では、OCRを使った入力作業の自動化を提案いたします。

標品概要

公式ページ:帳票OCR

「帳票OCR」は、かすれた文字など低品質文字にも強い高精度OCRエンジンを搭載し、スキャンした注文書、勤怠管理表、アンケートなどの帳票画像から、
活字・手書き文字・チェックマーク・バーコード・QRコードなどを認識し、編集可能な電子データに変換します。
また、帳票画像のファイル名自動設定、フォルダー振り分け、自動分割など充実したリネーム機能・保存機能も備えています。

OCRによる業務効率化において最も重要視される“手書き文字”に関して、これまでのバージョンでは、文字ごとに枠で区切られたテキストのみに対応していました。
そのため、自動認識できないテキスト情報は、目視入力で補完する必要があり、お客様から改善のご要望を多くいただいていました。
新バージョンでは、この技術的な制約を乗り越え、罫線で区切られていない“自由手書き文字”も認識できるようになります。
より迅速に、かつ少ない手間で帳票を電子データ化することで、ニーズが多様化するビジネスの現場において業務スピードのさらなる加速につなげます。

サービス
  1. 「帳票読取試験サービス」
  2. 「導入支援サービス」
  3. 「RPA自働化+OCR自働化 同時検討プロジェクト支援」
OCR+RPA

OCRだけではひと手間かかるプロジェクト、結局人手で見なければならない処理後の結果など、OCR単体ではケアしきれない部分がありました。
RPAと同時に検討することで、OCRの採用で大量に発生した帳票データをRPAでシステム自動投入するなど、限界を超えた使い方を提案します。

2019年補助金対象

2019年:本年度も、IT導入補助金対象商品として登録済み。他のツールの組み合わせとしてご要望ください。

お問い合わせ種別(必須) 
お名前(必須) 
ふりがな(必須) 
会社名・学校名(必須) 
部署名 
郵便番号 
 
住所 
住所(建物名) 
電話番号(必須) 
FAX番号 
メールアドレス(必須) 
従業員数  
業種 
地域種別 
メッセージ本文

ご入力いただいた個人情報は、弊社「プライバシーポリシー」に基づき厳重に取り扱い、プライバシー保護に努めます。
弊社「プライバシーポリシー」をお読みいただき、同意するをご選択ください。

  
関連ツール

RPAで業務を自動化!効率化!
NSKオリジナルRPAツール「EòRPA」

業務改革やRPA導入の準備に!
業務整理・可視化ツール「flowM」