超実践!Linuxアプリケーションプログラミング

Linuxの需要が広がっています

最近話題のAndroidは、Linuxをベースにしています。
Android開発をするためには、Linuxを使いこなせることが重要な条件になります。

ご存知ですか?

  • Linux2.6系はO(1)スケジューラからCFSに、スケジューラが変更されている
  • シグナル通知を同期して受け取ることができる
  • スレッドプログラミングの方法

Linuxは多くの機能がバージョンアップによって追加・変更されます。
そのため、昔の知識が今もそのまま使えるとは限りません。

しかしLinuxは2ヶ月に1回のペースでバージョンアップするため、
常に変更をチェックしておくことは非常に大変です。
そこで、Linux2.6.34まで※を網羅したLinuxコンテンツを我々が提供します。

※2年に1回コンテンツを改修し、バージョンアップに対応します

e-Learning「超実践!Linuxアプリケーションプログラミング」 ~ようこそLinuxプログラミングの世界へ~

特徴

  • メーカーの方に受講して頂いているセミナーをe-Learning化しました。
  • 現役の開発者が作ったコンテンツのため、実践で使える内容になっています。
  • 実習課題が14種類あり、学んだ知識を実際にプログラミングして理解します。
  • e-Learningなので、自分のペースで学習できます。
    (ライセンス期間は5ヶ月と余裕があります)

Linuxアプリケーションのセミナーは

  • 2年以上定期的に開催しており、メーカーの方も多数受講されています。
  • 遠方から早朝移動して参加してくださる受講者の方もいらっしゃいます。
  • 毎回ご好評をいただいています。

価格

1ライセンス 43,200円(本体40,000円、消費税3,200円)

11ライセンス以上でボリュームディスカウントを用意しています。
※初期契約でディスカウントが発生しなくでも、一定期間内はディスカウントの可能性が残る料金設定を行っています。

サービス

  • テキスト提供サービス
  • ライセンス期間延長サービス
  • Q&Aサポートサービス
  • オンサイト講師サービス

scheduler_l img_05_3

お問い合わせはこちら