AI搭載型サイト内検索エンジン
CV情報から検索結果の最適化を行います

サイト収益向上施策

サイト運営者は恒常的に自社サイトの収益向上施策に頭を悩まされていることでしょう。
サイト収益向上の施策は大まかに、

サイト流入数の増加

CVR改善

サイト収益
向上

この様な2つの大きな要素で成り立っていると考えられます。
しかしサイト流入数の増加については広告料の増加に伴い、

CPAが高騰しているのも事実であり、コントロールは非常に難易度を増しております。
そこで日本システム開発株式会社ではCVRの改善に着目しました。

CVR向上の秘策

CVR向上に着目した場合、いくつかの施策が考えられますが、日本システム開発株式会社ではより購入意欲の高いカスタマーに着目しました。

サイト流入者のうち、検索窓を利用するカスタマーは10%であるが、サイト全体の売り上げの約30%を占めています。

日本システム開発株式会社ではより購入意欲の高い、検索窓を利用するカスタマーのコンバージョン率を高めるサイト内検索エンジンを提供いたします。

サイト内検索エンジンとは

より購入意欲の高いカスタマーが探している商品に、「正確に、いかに早く到達させる事が出来るか」を実現するツールがサイト内検索エンジンです。

サイト内検索エンジンに必要とされる最大で最低の要件とは
上記2点に集約されます。この2点が実現できないシステムはサイト内検索エンジンとは私たちは定義いたしません。

サイト内検索エンジンの2大要素

サイト内検索エンジンでの2大要素

  • 正確に表示
    カスタマーが探している商品ではないものが表示されるとサイト離脱を加速させます。
    NSKのシステムでは、テキストのサジェスト、表記ゆれに対してシンプルなテキストマッチではない手法を取っており、
    ユーザー様に高く評価されております。
    詳細はこちらからお問い合わせ下さい
  • 最速で到達

    検索結果の上位(ファーストビュー、ファーストページ)に、カスタマーが欲していない商品が並ぶとコンバージョンレートは下がり、サイト離脱率は加速します。

     

    カスタマーが欲している商品をファーストビュー、ファーストページに表示することにより、コンバージョンレートは確実に上昇いたします。

着目するべき解析数値

サービス導入前後での着目するべきポイント

全体売上:123.7%

全体CVR:109.5%

検索CVR:115.2%

ゼロマッチ率:▲65%※1

検索経由売上割合:29.5%※2

※1:入れ替え後ゼロ件ヒット(ゼロマッチ)の割合が
  65%減少したという意味です。

※2:入れ替え後の検索経由割合です。

サービス導入後、サイト全体の売上割合の内、29.5%が検索経由での売上となっております。
サイト内検索エンジンを導入されていないお客様は、是非自社サイトの検索経由での売上割合の数値をご確認ください。

商品検索結果ページの
最適化ロジック

購入意欲の高いカスタマーに、探している商品を出来るだけ早く、且つ出来るだけ上位に表示するためにNSK提供の検索エンジンでは
AI(人工知能)を利用しています。

カスタマーの行動履歴を全てバックヤードでログ取得を行い、検索キーワード、検索結果のコンバージョン率を今日を最大の起点として過去に遡り重み付けし、検索結果の最適化を行います。

言い換えれば、検索キーワードに対する現在のメジャーメントのトレンドが反映された検索結果を表示する事となります。

検索キーワード、商品検索結果ページへのAI利用

検索キーワードに対して、過去ログを反映して
キーワードのサジェストをAIが行う
検索キーワードのサジェストに付随して、
検索結果をサムネイル表示
検索キーワードに対して、過去ログを反映して検索結果ページの最適化をAIが行う

購入意欲の高いカスタマーに、探している商品を出来るだけ早く、

且つ出来るだけ上位に表示するためにNSK提供の検索エンジンではAI(人工知能)を利用しています。

AI利用による時間経過と
検索結果ページの相関図

AI(人工知能)を利用して過去からのカスタマー行動履歴を全て重み付けし検索結果ページの最適化を行うという事は、時間が経過すればするほど検索結果ページの精度が高くなることを意味します。

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop

お客様のお悩み承ります。