車載システム

日本システム開発株式会社では、2003年よりドライバーの安全走行に必要なエンジン・コクピット周りをはじめ、現在は車載ECUソフトウェア開発を中心に取り組んでおります。

安全走行を守る、
車載ECUシステムを開発。

NSKが手掛ける車載システム

ECU

  • コックピットHMI
  • 車載通信モジュール
  • V2X
  • エンジン
  • 走行安全ボディ
  • マルチメディア系ナビ
  • 高度道路交通情報通信システム系ナビ

対応コア

  • RX/RHシリーズ、FR81S
  • ARM Cortex-A、nVIDIA Tegra3
車載システム画像文字つき

ECUのソフトウェア開発・評価

nsk_ecu03-1

UML*、USDM*を活用し、ソフトウェア・エンジニアリング・プロセスの要求分析から、機能テストの実施までの新規開発/派生開発を一括で請け負います。

 

*UMLとは、主にオブジェクト指向分析や設計のためのに記法の統一されたモデリング言語を指します。

*USDMとは、要求の整理や階層化、仕様の記述において有効な要求定義の手法の一つです。

技術キーワード

センサー制御(車速センサー、温度センサー、水位センサー)、モデム制御、SATA制御、車載通信制御、オーディオマイコン制御、オーディオH/U、CAN通信、DSRC通信、HTTP通信、Bluetooth、HMI開発(Android)、センタ配信、センタ連携、NonOS、Linux、T-Kernel、AUTOSAR仕様OS、など

開発環境

言語

C、C++、JAVA

OS

Linux、T-Kernel、Android、iTRON、QNX、Non-OS

ツール

カバレッジマスター winAMS、MATLAB/Symlink

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop