ROS/ROS 2開発支援サービス

昨今ROS(Robot Operating System)の利用が活発化しています。ROS 2の登場により、研究開発分野だけでなく製品化に向けた開発も盛んになっています。日本システム開発株式会社では、組込みソフト開発に2001年から着手、ROS/ROS 2を利用した研究開発に2016年から取り組んでおり、サポート対応を始めております。お客様のご要望に合わせた様々な開発を支援させて頂きます。

ROS/ROS 2を活用したシステムの構築やソフトウェア開発を支援します。また組込みでの豊富な実績により、組込み環境での開発もサポート致します。

ROSに関するお困りごとはありませんか?

亀疑問画像

下記のようなROSに関するお困りごとの解決をお手伝い致します。

  • ROS/ROS 2をシステムへ導入したい
  • 実用化に向けてROS 2へ移行したい
  • 開発における技術的課題を解消したい

ROSとは?

■ROS
ROS (Robot Operating System) とは、ロボット開発向けのオープンソースフレームワークで、ロボット開発における様々なライブラリやツールが提供されており、主に研究開発分野で使用されています。

■ROS 2
ROS 2はROSの次世代バージョンで、産業界で広く使われている通信規格DDS(Data Distribution Service)の採用、リアルタイム制御対応、複数OSのサポートなどの特徴を持ち、製品化・実用化を前提に開発が進んでいるフレームワークです。 研究開発分野だけでなく、自動運転や医療など様々な分野での活用が期待されています。

ROS開発に関する様々なサービスをご提供致します

様々な分野でのROSの利用が急速に広まってきております。日本システム株式会社は、2016年よりROSに関する研究開発に取り組んでおり、その知見を活かしたソフトウェア開発やROSの導入などを支援致します。

ROS/ROS 2 開発支援

受託開発

プロトタイプ作成支援

技術Q&A対応

様々なROSアプリケーションをお客様のご要望から要件を確定し効率よく開発を行います。目的に合わせてNavigation, amcl, Perception 等の豊富なROSパッケージ群を活用した開発をご提案致します。

プロトタイプ作成支援では、プロトタイプによる実機デモ、評価可能なソフトを貴社と協調して作成致します。実機によるデモを実際に見ながら検討することで、要件確定までのリードタイム短縮が可能です。
組込み向けデバイスを使った研究開発、技術課題の解決を支援致します。具体的なデバイスが確定していない場合には、利用シチュエーションに適したデバイスのご提案や、デバイスへのROS導入支援も実施致します。

また、ROSに関する技術調査にはrqtやRVizやなどのROSツールを活用して実施し、情報を提供いたします。実機がすぐご用意できない場合等、必要に応じてGazebo等を利用したシミュレーション環境での調査も実施致します。

組込み向け研究開発支援

ROS 2導入支援

各種技術調査

シミュレーションによる評価

ROSポーティング支援

ROSからROS 2へのポーティング

プラットフォーム(RTOS)の移行

Python→C++変換支援

実用化・製品化に向けて、ROSのパッケージをROS 2へ移行するニーズが増えています。 既存ROSアプリケーションのROS 2へのポーティングや、ポーティングに伴うドライバ開発等を支援いたします。RTOSを使用したマイクロプロセッサの開発も多数行っており、そのノウハウを生かしてRTOSへのプラットフォームの移行も可能です。

また、製品化に向けた性能向上等のため、PythonからC++へのコード変換支援も行います。

お問い合わせ

名古屋本社

東京本社

【受付時間】9:00~18:00

pagetop