データ連携ソリューション

すべてと、繋がる。

日本システム開発株式会社は、お客様のご要望に合わせて、データ連携を実現します。これまでの実績・経験・専門知識・ノウハウを活かして、最適なサービスへとお客様を導きます。データ連携により、散在しているデータが一元管理され、データの整合性を保つことが可能です。統一されたデータを活用することで、マーケティングや商品開発などに役立てることもできます。実例も多数ご紹介しております。

お気軽にお問い合わせください。

データ連携ソリューション

主な実例

ECサイト

e-commerce site

×

基幹システム

core system

ECサイトと基幹システムの
データを連携し、
店舗とECサイトで
データをリアルタイムに共有
ECサイト×基幹システム

HTTP通信

基幹連携

通常のECサイトでは会員、商品、注文のデータはECサイト側のDBで管理していることが多いです。

そのため、新規会員や注文データを締め処理のタイミングでダウンロードし、
基幹システム側にアップロードしたり基幹システム側の商品データをダウンロードし、
ECサイト側にアップロードして、非同期のデータ連携を行います。

この同期する手間や負担を軽減するため、非同期のデータ連携でなくリアル連携を行いました。

主に、基幹システム側の会員、商品、注文データの取得や更新を行うためのHTTP通信によるAPIを用意し、
ECサイト側からAPIを介してリアルに基幹システム側のデータを表示したり、
ECサイトで処理したデータをそのまま基幹システム側に反映できるようにしました。

その結果、店舗とサイトでデータを共有することで商品在庫の引当等もリアルタイムに行うことができ、
二重で管理する手間や負荷を軽減することができました。

※商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。

pagetop

お客様のお悩み承ります。