RPA(Robotic Process Automation)

RPA導入をご支援します!

RPAを導入したお客様の声

RPAとは

RPAの具体例

RPAでどのような作業が出来るのか? → 従来人の手で行っていた定型業務の自動化が可能です。

デモ動画

RPAは働き方改革の大本命

①生産性向上を計る

日本の時間当たりの労働生産性は、OECD加盟35カ国中の20位です。
主要先進7カ国でみると、データが取得可能な1970年以降、最下位の状況が続いています。

OECD加盟国の労働生産性(時間当たり)(2016年)

日本生産性本部「労働生産性の国際比較」
(https://www.jpc-net.jp/intl_comparison/)より出典

②長時間労働を削減する

3年前に起こった大手企業社員の過労死をきっかけとして、国は『長時間労働削減』に取り組んでいます。
また、2019年4月より『働き方改革法案』が順次施行されるため、各企業は残業時間など長時間労働削減の対策の1つとしています。

RPAの効果

RPAの得意分野です。

「定型作業、小粒作業」「複数システムにまたがる業務」がRPAの得意分野。

他社の導入事例

当社試験導入例まとめ(一部抜粋)

導入フロー

当社サービス体制

当社RPAセミナー

NSKが主催するセミナーについては、セミナー特設サイトよりご案内しています。

セミナー特設サイトはこちら

EòRPA(エウロパ)

PAGE TOP